▲ close ▲

大阪を拠点に運送サービスを全国にご提供

  1. TOP
  2. 車輌修繕
東奔西走はこびや商運/大阪商運ブログ

車輌修繕2017/03/27の記事

みなさまこんにちわ!
先日、当社トラックのアルミ不具合部分の修繕を行いました。

1488425501520
1488425507332

得意先の敷地内で固定物に接触し、無残にもアルミに穴が空いてしまってます。
見積もりを出すとなんと数十万円(泣)
少しでも修繕費を減らすために自社努力を行い、社長に許可を得て修繕開始!

DSC_0308
まずは内張りを剥がし内側から叩きましたがアルミはへこんだり破れてしまうと伸びて直ぐ元に戻ってしまいます。そこで・・・

DSC_0320
DSC_0310
DSC_0321
角材の登場です。採寸しカットしてテンションを掛けながらはめ込むといい感じになりました。

DSC_0318
DSC_0334
DSC_0325
DSC_0326
外から見ると大きなへこみはなくなりました。

続いて問題の破れた部分です。破れてしまうと基本、同じアルミで継ぎ接ぎしてビス止めするか、アルミテープで貼り付けるかしかありません。
しかし今回は部分的なへこみも生じているためパテ埋めによる修繕を選択しました。
なにより他のへこんでいる車輌も修繕できるので練習台にもなります。

まずはパテと塗料が吸着しやすくなるように表面をヤスリがけします。
DSC_0327

そしてホームセンターと100均で購入したパテとヘラで作業開始。
混ぜ合わせて1時間後に硬化するタイプです。粘土をこねるように混ぜ合わせ柔らかくなったらへこみ部分を埋めていきます。ヘラで表面を均しながらへこみが目立たないようにしていきます。完全に硬化するのを待ち最後にさらに表面を磨きます。
DSC_0329
DSC_0341
DSC_0343

少し表面がボコってますが破れを塞ぐために少し盛ったので・・・
そしていよいよ塗装に入ります。
これもホームセンターで購入した油性の銀色ペンキです。
仕上がりに差が出る一番緊張する作業です。
緊張していたので作業風景を撮るのを忘れてました。(^_^;)
DSC_0344
DSC_0345
DSC_0351

完璧とは言えませんが修理業者に出すと数十万円掛かるところわずか2000円程度ですみました。
これからも経験を重ね簡単な内容は自社修理を行い腕を磨いていきたいと思います。

金井

1 / 1112345...10...最後 »